{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

狩野一信 五百羅漢図 初版 書籍 小学館 アート 美術 工芸 アンティーク

46,000円

送料についてはこちら

SOLD OUT

幕末の絵師、狩野一信(1815~63)の代表作“五百羅漢図”です。 全100幅を大判の豪華美術書としてまとめる企画。 ここのところ伊藤若冲を筆頭に、江戸時代の画家が牽引力となって日本美術ブームの様相を呈しています。 ここにひとり、まだ広く世に知られていない幕末の画家の代表作が、これまで公開される機会もほとんどなく芝・増上寺に眠っています。 縦172.3×横 85.3センチメートルの大幅の絹本に、極彩色で一幅に5人ずつ羅漢を描き、100幅で“五百羅漢図”となる、壮大な仏画。 強烈な陰影表現をともない、全体に強い調子による彩色が濃密な空間を醸しだし、羅漢をはじめとする画題の強い個性と相まって、背筋がぞくぞくしてくるような驚愕の仏画の境地に達しています。 今回は、2011年法然上人800年遠忌奉賛『五百羅漢』展ではじめて一堂に展覧される機会に合わせて、後世に残る良質の豪華美術書にまとめます。また、これまで生涯が判然としていない狩野一信の画業の全容を明らかにすべく、アメリカ、イギリスにある作品、そして遺族である逸見家に残る下絵類をはじめとした資料をくまなく調査し、現在明らかにできる一信像を明確にします。 「若冲の次は狩野一信」と美術関係者のあいだでかねてから噂されていた狩野一信。 彼の代表作『五百羅漢図』全100幅を大判の画集におさめ、全図はもちろん部分拡大図をふんだんに盛り込んでまとめまた画集です。 展覧会を機に、日本には、こんな凄い画家がまだ知られずにいたのかと、注目を集めること必定です。 定価:50600円(税込) 著者名:安村 敏信 (編集, 著)、山下 裕二 (編集, 著) 出版元:小学館 当ショップは他のサイトでも出品をしているためお早めの購入検討をよろしくお願いいたします。 予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 ※専門ではないので、ご質問にお答え出来ない場合がございます。画像でご確認とご判断くださいます様お願いいたします。 骨董品となりますので、全体的に経年の傷、僅かな破損、汚れ等がある場合がございます。 ※中古品の為、複数在庫がある商品につきましては個体によりコンディションが異なりますことあらかじめご了承ください。 配送は宅配便にて、ご依頼を受けてから2~3日以内に発送いたします。 通常、ご決済後4~10日前後 で納品となります。 同梱・スタッキング可能な商品を複数ご購入の場合、 配送料をおまとめして再度お見積りすることもできますので、お気軽にお問い合わせください。 特定商取引法に関する表記についてはこちらをご確認ください。 https://horidashi.shop/tokushoho

セール中のアイテム